ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

売電価格42円には間に合うのか、間に合わないのか?

埼玉県の方から太陽光発電の相談を頂きました。

なんと6社からお話を聞いて導入検討をしていらっしゃる方でした。

「見積りをとっている6社のうちのA社~E社の5社が、売電価格42円の申請はもう間に合わないと言っており、残り1社のF社だけがまだ間に合うと言っているのだが、どっちが本当なのか?」

というご相談でした。
もちろん間に合うと仰っているF社さんが正しいのですが、さすがに1対5では分が悪いようで、残りの5社さんから言われたい放題のようでした。

A社さんとB社さんからは
「間に合うなどと言っている会社は知識がない会社だから危ない」
と言われ、C社さんからは、
「そんな会社は金具も安い金具に違いない」
とのこと。
しまいにD社さんとE社さんからは、
「他の会社も間に合わないと言っているんでしょう?F社はただ売りたくて嘘ついてるだけでしょうから、詐欺みたいなもんですね」
との言われよう。

この方としては、
「もちろん間に合うのであれば間に合わせたいのだが、さすがに他の会社が全て違うと言い張っているので、やはり売電価格42円には間に合わないのではないか?」
と思っていらっしゃるようでした。

ご相談者様には、当社が知り得ている売電価格42円についてのここ最近の事情をお伝えさせて頂き、本当に間に合う、という事をなんとかご納得頂きました。

はっきりはわかりませんでしたが伺った内容から推測すると、ご相談者様は導入したいメーカーやシステム容量は既に決定されていらっしゃったようで、売電価格42円に間に合うと仰っているF社さんは、おそらく既に設備認定の申請を先んじて行われているのではないかと思います。

売電価格42円について、なぜ、会社ごとに言う事が違ってくるのかをご理解頂くのは、だいぶ時間がかかりました...

その説明とあわせて、C社さんから指摘されていた金具についても、住宅用の太陽光発電システムはメーカーから直接、太陽光パネルはもちろん、金具などもあわせたシステム一式が納品されるため、安い金具が使われる事は無い、ともお伝えさせて頂きました。

メーカー純正の金具以外のものを特注でわざわざ用意したらむしろ高くつきそうだな、と後から思い、それもお伝えできれば良かったと反省しました。

まとめ

売電価格42円については、今週末の23日土曜日と24日日曜日にご契約の方が間に合うかどうか五分五分、という状態です。

太陽光&エコ情報の方に詳しく書きましたが、売電価格42円に間に合うために必要な、設備認定にかかる日数は、予想どおり営業日4日で来ております。
設備認定の日数はお約束できるものではありませんが、当社で扱っている案件の中に実績としてはございます。

まだ迷われておりましたら、ダメもとでも構いませんので当社に相談ください。
できる限りの対応とご回答をさせていただきます。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?