ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電の発電量シミュレーションは妥当か

宮城県の方から太陽光発電の相談を頂きました。
既に設置済みの方で、今回も解決策がなくて申し訳ないのですが、共有させて頂きます。
昨年太陽光発電を設置して、1年間の発電量を記録して確認してみたところ、販売会社から提示されていた発電量シミュレーションの約半分しか発電していないとの事でした。

この方はここ1年間、何度か販売会社に連絡をしていたのですが、毎回外出等を理由に担当の方に繋いでもらえず、折り返しも来ないという事が続いていたそうです。
そして今月、とうとうその会社の電話がつながらなくなり、今回当社にご相談を頂きました。
もしかしたら着信拒否の設定をされているのではと思い、会社名を伺い電話番号を調べ、こちらからも電話をかけてみたのですが同様につながりませんでした。

つまり着信拒否ではなく、会社自体がなくなってしまったという事です。
kW数や方角等を伺った感じですと、現在の発電量はシステム故障によるものではなく、そもそもシミュレーションで誤った(誇張した)発電量予測を伝えていたことが原因です。

最近、悪質なシミュレーションを提示する事例が多発している気がします。

メーカーは、販売会社が勝手に伝えた発電量予測の補償などはしてくれません。
自分で自分を守る必要があると思います。

心配な方はシミュレーションチェックをしますので、お声掛けください。