ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電に安かろう悪かろうは確かに存在する

今日の太陽光発電相談事例

北海道の方からの太陽光発電の相談でした。

北海道の家は、屋根に断熱材が入っているのが普通なのですが、その断熱材を外して施工するべきという会社と外さずに施工できますという説明をする会社があるのだがどちらが正しいのでしょうかというものでした。

屋根の断熱材は弱い素材なので、その上に設置してしまうと長年の雨やねじがゆるみ雨漏りが起こる可能性が高くなります。
ですので通常その部分は取り除いて設置する事が必要です。
ただ業者さんによっては、断熱材を取り外す作業に時間とお金がかかるので全くせずに施工をしてしまっている会社がいるという事も聞いています。

この方が検討していたのは三菱でしたが、保証の条件に断熱材(スタイロフォーム等)を外すことと明記されています。
ですので外さないと施工保証がおりません。
ただ断熱材を入れているか外しているかは外からは判別できないので設置をした時にはメーカーの10年保証は適用されますが、いざ何かトラブルがあった場合に、不正が発覚し保証ができないという話になるのです。

もちろん結論として、断熱材を外して施工するべきと言っている会社が正しいという事をお伝え致しました。
安かろう悪かろうという事が、工事がある買い物なので、存在するという事を知っておくと言う事が適切な買い物の第一歩だと思います。