ソーラーパートナーズ独自の取組

太陽光発電保証協会のCMでやっている特別導入支援制度とはなんですか?

今日の太陽光発電相談事例

九州の方からたくさんの太陽光発電の相談を頂きました。

「今テレビCMをやっている太陽光発電保証協会の特別導入支援制度とは何ですか?」
というものでした。

九州地方の各県でCMが流れているらしく、福岡県や熊本県、長崎県の他にも山口県の方など、何件もご相談を頂きました。

最初は私たちも何のことかわからなかったのですが、調べてみておおよそ見当がつきました。

今後同じ疑問を抱かれる方の為にもこの場でご紹介させて頂きます。

太陽光発電保証協会(JSWA)は太陽光発電の販売会社が運営している協会だと推測されます

ロハスホールディングス株式会社という太陽光発電の販売等を行っている会社が福岡にありますが、おそらくそちらの会社が中心で運営されている協会であると思われます。

なぜそう推測するかと言いますと、以下の3つの理由があります。

  1. 太陽光発電保証協会(JSWA)の理事長が、グループ会社の株式会社ロハスエンジニアリングの代表取締役の方と同姓同名であること
  2. グループ会社のロハスソーラージャパン株式会社がプライベートブランドとして販売している太陽光パネルが『NEXUS(ネクサス)』で、この協会が販売しようとしているメーカーと同一であること
  3. 協会の所在地がロハスホールディングス株式会社の所在地と同一であること

太陽光発電協会(JPEA)という昔からある太陽光発電業界の団体がありますが、そちらと名前が似通っているため勘違いされている方が多かったようですが、別の団体になります。

CMで説明されている特別導入支援制度について

特別導入支援制度の詳しい内容については、太陽光発電保証協会(JSWA)のホームページに載っていました。

国の太陽光発電の補助金と並べて説明されているので少しまぎらわしいのですが、この説明によると特別導入支援制度の内容は、
「2012年の10月22日段階での全国平均kW単価が47.4万円であるところを、太陽光発電保証協会から『NEXUS』の太陽光パネルで導入した場合には、kW単価40.9万円で導入できます」
というもののようです。

NEXUSのパネルの性能はどれくらい?

NEXUSの変換効率は15.7%ですので、変換効率15.65%のカナディアンソーラーと同じ位です。

まとめ

太陽光発電協会(JPEA)とは別の団体が運営していることを理解し、kW単価や発電効率、販売店の対応や工事の安全性などを考慮した上で、一つの選択肢として考えられるのは良いのではないかと思われます。

太陽光発電保証協会のCMでやっている特別導入支援制度とはなんですか? への2件のコメント

  1. ナカムラ より:

    太陽光発電保証協会とか、完全にだましの商売ですね。ロハスってひどいね。インターネットで調べると代表は昔、収監されているそうだし、野球賭博で逮捕されたという記事もある。ヘリオスジャパンの合弁会社もどうなったか?スペインのヘリオス社からの出資金をだまし取ってなければよいが。売上100億円とロハスは言っているが、18億の売上が一挙に100億になるかな?

    • ソーラーアドバイザー中村雄介 より:

      ナカムラ様

      コメントありがとうございます。

      確かにあまりお勧めできる売り方ではないような気がします。

コメントをどうぞ

▶入力欄を開く▼入力欄を閉じる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。