太陽光発電 設置工事見守りサービス

加盟審査だけではなく
設置工事の内容もチェック

審査通過率9.8%

ソーラーパートナーズに加盟している太陽光発電の工事会社は、厳しい審査を通過した優良企業です。
ソーラーパートナーズの審査基準には『太陽光発電の施工実績が100棟以上であること』という基準があります。
しかし、施工実績が一定数あっても、適正な工事が行われているかは別の問題です。

そこでソーラーパートナーズでは、パートナー企業がどのように施工を行なっているかを、実際の設置工事に立会うことでチェックしています。

ソーラーパートナーズの
設置工事みまもりサービス

『設置工事みまもりサービス』は、複数メーカーの施工IDと専門の国家資格を持つ現場経験豊富な本部の施工スタッフが設置工事に立会います。

施工管理の基本概念である『QCDS』に、工事もサービス業の一種であるという考えに基づき『おもてなしの心』を加えた、『QCDS+H』の観点から作成された、153項目のチェックシートに基づき、より安心できる工事が行われているかをチェックしています。

具体的には、雨漏りリスクに最も影響の大きい防水処理、設置後は見えない位置の配線処理、設置者に対する説明の適切さ、作業場所の養生内容など、細かく項目を設けています。

基準に満たない項目があった場合には、その場で指摘・修正を行うことで、安心感を担保しています。
また、該当企業の優れた取り組みはネットワーク加盟企業の間で共有することで、ネットワーク全体のレベルアップを図っています。

設置工事みまもり
実施レポート

長崎県雲仙市 工事みまもり

長崎県雲仙市の太陽光発電 設置工事に立ち会ってきました 先日、ソーラーパートナーズを通じて太陽光発電を購入され…

栃木県宇都宮市 工事みまもり

栃木県宇都宮市の太陽光発電 設置工事に立ち会ってきました 先日、ソーラーパートナーズを通じて太陽光発電を購入さ…

福島県広野町 工事みまもり

福島県広野町の太陽光発電 設置工事に立ち会ってきました 先日、ソーラーパートナーズを通じて太陽光発電を購入され…

埼玉県川口市 工事みまもり

まさに『職人集団』という感じの施工で非常に安心感がありましたので、紹介したいと思います。

太陽光発電の工事に対する
不安が強くなっている

強風で崩壊した太陽光発電所(福岡県行橋市長井)
太陽光発電施設:台風で飛散、民家直撃 国が被害調査|毎日新聞(現在はリンク切れ)

太陽光発電は、国の政策の後押しを受けて急激に普及していますが、同時に工事に関するトラブルの報道も出てきています。
例えば、2015年9月の台風15号による福岡での太陽光パネル飛散事件が話題になりました。
人命への影響はなかったものの一歩間違えれば大惨事になっていた事件です。

このような報道をうけ、太陽光発電の工事に対する不信感が、以前よりも強くなっています。

じつは太陽光発電には安全に設置するための基準として、JIS(日本工業規格)によって耐久性や設置強度などが定められています。
JISに適合する太陽光発電システムにするために、太陽光発電メーカーは施工基準や手順に関して、かなり詳細に指定しています。

しかし、メーカーが工事の現地に監査を入れることはほぼ無く、書類提出のみで保証を出すため、施工会社が規定の施工方法を遵守しているかをメーカーがチェックする機能は万全とは言え無いのが現状です。

つまり、実際にJISに適合する工事が行われているかどうかは施工会社任せになっているのです。

第三者の観点から施工品質をチェック

業者のデータ改ざんによって引き起こされたマンション傾斜事件(神奈川県横浜市都筑区)
旭化成株が急落 子会社が虚偽データ使う|産経新聞

先に述べたように施工品質を施工会社任せで担保している現状は万全とは言えません。
実際、2015年10月に起きたマンション傾斜事件では、基礎工事を行った業者が地盤調査のデータを偽装していたことが問題となりました。

太陽光発電設置者である一般消費者が、建築工事を伴う太陽光発電の施工が適正かどうかを判断することは容易ではありません。

チェック

第三者として設置工事に立会います

しかし、設置工事の品質担保を施工会社に一任し続けることは、昨今の太陽光発電工事に関する風評を鑑みても、難しいものと考えています。

そのためソーラーパートナーズでは、施工会社と設置者以外の第三者の観点から施工品質を担保するために『設置工事みまもりサービス』を行っています。

メディアで取り上げられました

日経産業新聞で紹介されました

日経産業新聞(2015年10月30日朝刊)で紹介されました。

記事の中で「第2種電気工事士の資格保有者が2人おり」と記載されていますが、当社には現在5名の第2種電気工事士の資格保有者がいます。
このうち2名が当サービスを担当することになります。

設置工事みまもりサービスの詳細

対象 ソーラーパートナーズを通じて太陽光発電システムを購入した方
※設置工事に立会うのは任意で選択された一部の工事のみです。
料金 無料
(希望される方に対しては有償で行うことも検討中)
内容
  • 複数の施工IDと専門の国家資格を持った、ソーラーパートナーズ本部の施工スタッフが設置工事に立会います。
  • 『QCDS+H』の観点から作成された、153項目のチェックシートに基づき、より安心できる工事が行われているかをチェックします。
申込み方法 まずはソーラーパートナーズに見積り依頼をしてください。
ソーラーパートナーズに見積り依頼をして頂き、パートナー企業から太陽光発電システムを購入した時点で、選定の対象となります。
見積依頼はこちら!

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

ステップ2 設置場所を選んでください必須

人気記事ランキング

(2017年10月16日更新)

2017年 要チェック記事

殿堂入り人気記事

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ

マンガでわかる太陽光発電