ソーラーパートナーズ
ソーラーパートナーズ独自の取組
ソーラーパートナーズ独自の取組

野立て通常フレームの長州産業12.272kWの太陽光発電が470万円は妥当ですか?

監修者
中村雄介 ソーラーパートナーズ専務取締役

著書2冊、NHKをはじめメディア出演多数。

→アドバイザー紹介ページへ

素早いご返答ありがとうございました。大変勉強になりました。
先日長州産業の野立の件で質問した者ですが情報不足ですみませんでした。

ちなみに整地、雑草対策、フェンス等は済みなので工事費には含まれていません。
純粋な太陽光パネルの設置工事費のみで、野立の12.272kw-470万は妥当ですか?と言う質問でした。
設置方法は杭打ちでパイプではなく通常のフレームのようです。
重ねての質問ですがよろしくお願いいたします。

高額で長いスパンでの事なので自分の周りにも迷っている人がたくさんいます。
色々な質問やアドバイザーの回答を見て一歩ずつではありますが前に進んできました。
ありがとうございました。

野立て通常フレームの長州産業12.272kWの太陽光発電が470万円は妥当ですか? への1件のコメント

  1. ソーラーアドバイザー中村雄介からの回答 より:

    お役に立てているようでなによりです。
    「純粋な太陽光パネルの設置工事費のみで、野立の12.272kw-470万の価格は妥当か?」とのご質問ですね。

    整地や雑草対策、フェンス等は済んでいらっしゃるという事ですので、そのうえで長州産業の野立てでフレームという事で考えますとHITのパネルではないので正直なところもう少し頑張ってくれてもいいかなあとは思います。
    ただそうは思うものの妥当な金額であるとも思います。

    あとは考えなければいけないのは、工事完了時期であると思います。
    今から10万円を値引きして頂く交渉をしてダラダラと長引いてしまった結果3月末までの設置完了ができなくなってしまいますと消費税が8%となってしまい、10万円値引きしてもらったとしても支払い金額は3万円ほど高くなってしまいます。

    気持ちよく迅速に手続きに入って頂くことも大事かと思います。
    素敵な太陽光発電システムになりますように、お祈りいたします。