ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

いざ太陽光発電の検討を始めると、なにが起こるのか?

いざ太陽光発電の検討を始めると、なにが起こるのか?

第1回で見積書、工事代の見方をお伝えさせて頂きました。
第2回で自分の家に設置した場合のおおよその価格と金銭メリットの計算方法をお伝え致しました。

ここまでで、太陽光発電システムの検討を始めるための不安は大方取り除くことができたと思います。
そして、金銭メリットの計算の結果、メリットがありそうだとわかった方は、いよいよ行動に移したいとウズウズしている頃かと思います。

ただそれでも踏ん切りがつかない方は、実際に検討を始めた時に何が起きるのかがわからないから不安なのでは?と考えました。

ですので、今回は、実際に検討を始めた時にどのような事があるのか。
そして、検討開始から設置、売電手続き完了までの流れと、その時々の注意点をお伝えして、未だ検討を始めていらっしゃらない方の背中を押したいと思います。

検討を始めた後の手順

太陽光発電システムの検討開始から売電手続き完了まではこのような流れになっています。

  1. 見積り依頼先を探す
  2. 現地調査・見積書を出してもらう
  3. 比較検討する
  4. 契約・補助金等手続き
  5. 工事
  6. 連系(売電開始)

それでは早速、上記の項目に沿って話を進めていきます。

1.見積り依頼先を探す

実際に「検討を始めよう」となったら、まずは太陽光発電システムを取り扱っている会社を探さなければいけません。
2009年に売電制度が始まるまでは、そのほとんどが訪問販売会社でした。

訪問販売会社の営業マンが家にやってきて
「奥さん、お宅の屋根は太陽光発電に向いているからぜひつけた方がいいですよ」
という玄関先での話から始まったものです。

いまだに、新規に設置される太陽光発電システムの半数以上は訪問販売が占めておりますが、それ以外の選択肢も増えています。

販売会社の種類については冊子で詳しく解説していますので、ここではそれぞれのメリット、デメリットを列挙するだけにとどめておきます。

販売会社 メリット デメリット
訪問販売 なし 価格が高い
通信販売 ・販売費が少ないため価格が安い
・商品の情報をよく読むことが可能
・対面での対応を最小限にしているため、不安を感じやすい
量販店 ・大量仕入れで価格が安い
・店頭で実物を見ることができる
・販売員から直接話を聞ける
・自社施工ではない
・販売店が売りたいものを売る
店舗型販売 ・特定のメーカーに非常に詳しい
・店頭で実物を見ることができる
・販売員から直接話を聞ける
・店舗コストがある分、高い
・複数提案ができない
工務店 ・リフォームの際に一緒に依頼できるため、手間が少ない ・太陽光発電が専門ではない
・自社施工ではない
街の電器店 ・地域に密着している
・不具合時などの対応が早い
・自社施工
・太陽光発電が専門ではない
専門工事会社 ・太陽光発電が専門
・複数メーカーの選択肢がある
・自社施工
・しいて言えば、量販店ほどの価格提案力がない
工事会社
ネットワーク
・大量仕入れで価格が安い
・太陽光発電が専門
・複数メーカーの選択肢がある
・自社施工
・新しい業態のため、メリットを理解してもらいづらい

なぜ、これだけたくさんの販売会社の種類が増えているかというと、一番の理由は2009年に始まった現在の売電制度が非常に魅力的なものだからです。

売電制度が始まる前は売電単価と買電単価が同じでしたので、金銭メリットは非常に小さく、設置費用の回収も20年近くかそれ以上というケースがほとんどでした。
そのため、2009年以前に太陽光発電システムを購入する方の中には、訪問販売の会社に金銭メリットを過剰に高く説明され、購入する方が多くいました。

ただ、2009年に売電価格が高額に設定された売電制度が始まったことで金銭メリットが大きくなり、設置費用の回収も20年以内にできることがほとんどになりました。
そのため、訪問販売の会社ほどの営業トークができなくても買い手が充分メリットを感じることができるようになり、売ることがそれほど難しくなくなりました。

ちょっと計算したら得することがわかるくらい、金銭メリットが大きいから売れるわけです。
これが大きな後押しになり、太陽光発電システムが一種のブームになるほど一気に一般的なものになり、それに伴っていろんな販売会社が出てきたのです。

太陽光発電システムを設置すると、設置した会社さんと10年20年と長い期間付き合っていくことになります。
そのため、価格や性能のみではなく、信頼できる会社さんかどうかが非常に重要です。

複数の会社さんから見積書を出してもらうことで、価格や提案内容はもちろんですが、その際の対応の違いも見ることができます。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

ショッピングモールでイベントをやっているような会社は信頼できる良い会社ではないのですか?

イベントをやっている会社は実は結構割高です。

たまに、訪問販売の会社からは嫌だけど、イオンなどの大きなショッピングモールでイベントやっているような会社は信頼できる良い会社なのではと思い込んでる方がいらっしゃいます。
あれは元は訪問販売の会社さんがより効率的な訪問先の選定のために行っているものですので、金額としてはじつは結構高めです。
(上の表で言うと、店舗型販売にあたります。)

2.現地調査・見積書を出してもらう

見積り依頼をした後は、費用が実際にどのくらいなのか、見積書を出してもらいながら話を聞きます。
ご自宅に設置するものですので、ご自宅まで来てもらい話を聞くのが主流です。

見積書には大きく2種類あります。

  • 図面を基に作成する見積書
  • 現地調査の後に作成する見積書

一般的には、最初に図面を基に見積書を作成し、ご提案します。

当然と言えば当然ですが、販売する会社からすると「太陽光発電システム」を、「自分の会社」から買ってもらいたいわけです。
そのため、販売する会社は「太陽光発電システム」のメリットの話と、「自分の会社」の話をします。

時間にしてはだいたい1時間くらいが平均です。

そして、現地調査の後に最終的な見積書を作成します。

現地調査は別で1時間かかると思っておいてください。
ですので説明と現地調査をセットでやると2時間が目安となります。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

現地調査をしないで作った見積書は、正確な見積書ではないのですか?

図面が正確であれば現地調査後に提案が変更になることはありません。

図面が正確であれば、基本的には現地調査後に設置できる太陽光パネルの枚数が変更になる事はありません。

現地調査の目的は以下の2つがメインです。

  • 設置の可・不可の判断
  • 実際に工事となった場合のシミュレーション

そのため現地調査では、屋根の野地板の状態や配線取り回しのイメージ、電気周りのチェックなどを主として行い、その上で、 念のため図面との相違がないか寸法を測ります

もちろん現地調査の後に作成する見積書の方がより正確で良いのですが、現地調査は屋根に登ったりと時間も手間もかかります。
販売する側の本音を言えば、契約する意思のある方にだけ現地調査をしたいところです。

3.比較検討する

複数の会社さんから見積書をだしてもらったら、今度はその比較をします。

見積書を見る時に気になるポイントとしては以下の3つだと思います。

  • メーカー
  • 販売会社
  • 価格

じつは、これらは非常に複雑にからみあっています。

メーカー選びが金銭メリットのキーとなる

まず重要なのは、金銭メリットのキーとなる発電量の決め手となるメーカーの比較だと思います。
正直、全量売電ができる産業用の大型案件であれば、kW単価だけを考えて選ぶのでも構わないと思います。

住宅用となると話は別です。
住宅用の場合は、余った電気を売ることで金銭メリットを出しますが、電気を余らせないとほとんどメリットが出なくなります
そのため、屋根の形、大きさ、電気の使用量、予算によって最適な提案メーカーが変わってきます。

例えば、屋根面積が小さく設置できるパネル枚数が十数枚だった場合、多少kW単価が高くても性能のいいメーカーを選ばないと、電気が余らなくなり、回収年数が長くなります。

逆に、設置面積が大きい場合はそれだけで選択肢が広くなります。
予算が多いのであれば、性能の高いメーカーをたくさん設置することで、金銭メリットを大きくすることができます。
また、kW単価が安いメーカーを設置すれば、費用を押さえながら金銭メリットをしっかり出すことができます。

どのメーカーが自分にとってメリットが一番高いのかを、冷静に見比べて判断する事が必要です。

販売会社は仕入れ価格を下げるために取扱いメーカーを絞っている

上記の様なことがあるため、ソーラーパートナーズでは検討する方の選択肢を拡げるために、工事会社さんがソーラーパートナーズの工事会社ネットワークに加盟するための絶対条件に『複数メーカーの提案ができる事』というものがあります。

選択肢が広ければそれだけ、最適なメーカーを選ぶことができる可能性が上がるからです。

ですが普通、販売会社さんは得意なメーカー、売りたいメーカーを絞っていることがほとんどです。
これは正直、致し方ない事でもあります。

商売の基本は「安く仕入れて、高く売る」事です。
そして安く仕入れるためには、仕入れ交渉力を高めるためにたくさん仕入れなければなりません。

1個仕入れるよりも5個、5個よりも10個仕入れる会社の方が、基本的には仕入れ価格は安くなります。

そうなると仮に一か月に10件販売している会社であった場合に、シャープを3件、京セラを3件、三菱を2件、パナソニックを2件と分散してしまうよりもシャープを10件とした方が仕入れ交渉力は高まります。
ですので普通はある程度取り扱うメーカーを絞って販売するのです。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

たくさんの種類のメーカーを扱いながら、安く提案できる会社はどのような会社ですか?

少し宣伝になってしまいますが、ソーラーパートナーズ認定企業が該当します。

なぜなら、ソーラーパートナーズでは共同購入によってあらゆるメーカーの仕入れ価格の低減を追求しているからです。

共同購入とは、ソーラーパートナーズ本部が、全国の工事会社の仕入れを取りまとめ、一括して仕入れる仕組みです。

共同購入によって、全メーカーの製品を大量に仕入れるため、メーカーに対して交渉力を持てます。そのため、安く仕入れることができるのです。

この仕組みによって、例えば、東芝を普段よく提案している会社がパナソニックを提案する際にも、低価格でご提案が可能です。

販売会社の比較1:信頼できる会社かどうか

実際に検討している時には、メーカー選びと販売業者選びが同時に進みます。

そしてお客様からよく聞く悩みで『信頼できる会社と選びたいメーカーが一致しない』というものがあります。

例えばメーカーはパナソニックがいいのに、一番信頼できそうで契約したいA社はパナソニックではなくシャープを薦めてくるというものです。
さらに言うと、A社にパナソニックの提案をお願いすると、B社より金額が高くなってしまうという事があります。

正直、この悩みに対するアドバイスはありません。

家電製品などの単なる商品売買であれば、信頼できなさそうであろうがなかろうが、B社にお願いすれば良いと思います。

ですが、太陽光発電システムは屋根に穴を開けて設置をする商品です。

今後20年以上住む住宅の屋根に穴をあけてもらうわけですから、信頼できる会社にお願いする必要があると思います。

個人的には、短期的な価格よりも、信頼できる会社に出会い、その会社さんが提案できる一番メリットがでるメーカーで設置するのがいいように思います。

販売会社の比較2:保障で選ぶ ~太陽光発電の3つの保証~

太陽光発電には以下の3つの保証・保険・保障があります。

  • メーカー保証
  • 工事賠償責任保険
  • 自然災害補償

この中で、工事賠償責任保険と自然災害補償については販売会社が任意に選んで加入するものですので、販売会社の比較基準になります。

メーカー保証はメーカーに紐づく保証である上、どのメーカーの保証もそれほど大きな差はありません。
そのため、販売会社選びの比較基準にはなりません。

販売会社の比較2-1:メーカー保証 ~製品自体の不具合を保証する~

太陽光発電システムにはメーカー保証があります。
どのメーカーを選択したとしても、最低10年のシステム保証が付いています。

これは普通に使っていた場合に、太陽光発電システムの機器に不具合が起きた時に無償で交換・修理をしてもらえるというもので、メーカーが保証しています。

販売会社の比較2-2:工事保険~設置工事の不具合を補償する~

工事会社が加入している『工事賠償責任保険』というものがあります。 太陽光発電システムの設置工事によって起きてしまった屋根の雨漏りなどを補償するものです。

『施工保証10年』などとうたっているのも、この『工事賠償責任保険』に入っているからという話になります。

ちなみに工事会社が倒産してしまった場合は保険自体が消滅します。
なぜなら『工事賠償責任保険』は工事会社が加入している保険だからです。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

工事保険に入っている会社であれば、信頼できる会社なのですか?

工事保険は工事会社が当然入っているべき保険です。

『工事賠償責任保険』は、ほぼ全ての工事会社が加入している保険で、入ってなければ論外というレベルです。
ですから
「工事保険に入っているから安心」
「施工保証が付いているから安心」
という発想は非常に危険だと思います。

太陽光発電システムは10年、20年と付き合っていく商品ですし、ご自宅にはさらに長く住み続けます。
そのように考えると、考えなければならない事は

  • 工事会社が本当にこの先何年も存続する事ができそうな会社か
  • 不具合が起きない工事をしっかりとしてくれる会社か

この2点であると思います。

販売会社の比較2-3:自然災害補償~自然災害の不具合を補償する~

メーカー保証とは別で『自然災害補償』というものがあります。

台風や雹、大雪などの自然災害による太陽光発電システムの不具合について保証するもので、各メーカーが保険会社と提携して用意しているものです。
(地震や火山の噴火などは含まれません。)

ただこれは個人の方が加入できるものではなく、販売会社が加入できる保険になります。

各メーカーごとに加入する必要があり、5メーカー取り扱っている販売会社であれば5つの保険に加入する事になります。

しかも、『Aさんの案件は加入して、Bさんの案件には加入しない』という選択ができません

加入したらすべての案件が対象となるものですので、自然災害補償の保険に入っていない会社もあります。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

自然災害補償に入っているかは販売会社の比較の際重要ですか?

自然災害補償は重要な判断材料だと思います。

判断が難しいところですが、私達は重要だと考えています。

自然災害補償はお客様が加入・未加入を選択できない分、太陽光発電に対する販売会社の姿勢が見える部分でもあります。

ここ最近は、異常気象で想定外の大雪や台風などがたまに来ます。
自然災害補償に入っているかどうかは事前に確認し、契約書にその旨を明記してもらうようにした方が良いと思います。

鹿児島や静岡など、火山の噴火が多いのに台風や大雪などの心配が無い地域では、自然災害補償がほとんど意味をなさないため、無用なコスト削減のために、あえて加入していない会社もいます。

とてもいい会社なのに自然災害補償に加入していない会社でしたら、加入していない理由を聞いてみるのがいいと思います。

4.契約・補助金等手続き

さていよいよ契約となった場合、必要なのは実印だけです。
時間にしておよそ1時間くらいです。
やることは大きく4つあります。

  1. 販売・施工会社との契約
    見積書を出してくれて選んだ会社と商品売買・請負工事契約書を取り交わします。
    必要なのは実印です。
  2. 経済産業省への設備認定申請
    これはネット上で申請するものですが、販売会社が代理で行ってくれます。
  3. 電力会社への売電申込み
    これも販売会社が代理でしてくれますが、申込書類への署名・捺印は必要です。
  4. 補助金の申込み
    自治体からの補助金がある場合には申込書類への署名・捺印が必要になります。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

自治体の補助金の申請はすべて販売会社が代行してくれるのですか?

自治体のきまりで業者が代行できないところもあります。

補助金の申込は、自治体によって郵送でも構わないところと、持ち込みでないと許してくれないところがあります。
持ち込みが必要な自治体の場合はご自身で持ち込むことになります。

別にご自身が持ち込まず、販売会社が持ちこんでも構わないのですが、どちらにしても添付書類で住民票や印鑑証明書が必要になるためそれらを取得しに行っていただくついでに一緒に持ち込むケースが大半です。

5.工事

契約から平均して1か月後に設置工事が行われます。
(補助金の申請状況や、システムの納品状況等により変動します。)

太陽光発電システムの設置工事は、よほどの事がない限りは1日で完了します。
(10kW以上の大規模な太陽光発電システムの場合はもっとかかることがあります。)

住宅用であれば、朝9時頃から始まり、早ければ2時とか3時くらいに終わるケースもあります。

屋根への設置工事に加えて、屋内への電気工事が両方同時に行われますので、ご家族のどなたかがいる必要があります。
工事終盤には、一度ブレーカーを落とす必要があります。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

工事日当日はどのようなことをチェックすべきですか?

特にチェックをする必要は無いと思います。

工事日当日に血眼になってチェックをする必要は無いと思います。
屋根には上がれませんし、素人がチェックすると言ってもたかがしれています。

工事日にすべき事は、職人さん達に気持ちよく仕事をしてもらうことです。
お茶を出すなどは簡単にできることなのに、意外としていない方が多いです。

職人さんも人間です。
気持ちよく迎えてくれた施主さんの工事はしっかりとやってあげたいなと思うものです。

これまで発生している工事による不具合は技術不足が原因ではなく、倫理観の不足によるものがほとんどです。
工程を省いてしまっていたり、適当に行っていたりというものです。

手を抜いてやしないかとギラギラと目を光らせるより、気持ちよく工事をしてもらうために気を使うほうが圧倒的に効果は高いと思います。

6.連系(売電開始)

太陽光発電システムは設置工事が済んで終わりというわけではありません。
電力会社が「よし!この日から連系開始!」としてくれないと売電が始まりません。

その為にはいまある買電メーターの隣に、売電用のメーターを取り付けなければいけません。
この売電用のメーター取り付けは別の日になるケースが多いです。
そして、売電メーターの取り付け人はまた更に別の日に、電力会社の方がやってきて諸々チェックをして「よし」となったら、その時初めてパワーコンディショナーのスイッチを入れ、晴れて売電開始となります。

ですので多い方ですと、『工事日』『売電メーター取り付け日』『連系日』と3日バラバラでスケジュールを取らないといけない事になります。

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

連系日より前にパワコンのスイッチを入れてはいけないのですか?

特にチェックをする必要は無いと思います。

電力会社立ち合いのもとでないと連系が始まりません。
ですが実は、売電メーターの取り付けや連系日の前でも太陽光発電システムは発電しています。

ですから仮に売電メーターが付く前にパワーコンディショナ―のスイッチを入れると自宅で使い切れなくなった電気が流れる場所がないため、買電メーターが逆回転を始めます。

みつかると電力会社に凄く怒られるので連系日まではじっと我慢しましょう。

まとめ

一番重要なことは信頼できる会社と契約をし、設置工事をしてもらうということです。
それを見極めるためには、気になったことはどんどん営業の方に質問することが大事です。

回答がいろいろありすぎて訳がわからなくなってしまったら、ソーラーパートナーズに相談してください。
『太陽光発電の健全な普及を牽引する』という使命のもと、適切な回答をいたします。

次のページ

関連記事
おわりに 日本のエネルギー事情

前のページ

関連記事
太陽光発電の概算金額と金銭メリットを自分の手で計算する方法

もくじに戻る

関連記事
ホームページに書けない 太陽光購入前必読 マニュアル