ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

導入者インタビュー

導入者インタビュー

~太陽光発電を導入された先輩の声~

千葉県八千代市 Hさん(東芝3.6kW 2012年4月導入)

Q.太陽光発電を導入しようと思った経緯はなんですか?

A.もともと私達夫婦の実家がそれぞれ太陽光発電を導入していたこともあり、家を建てるなら太陽光発電を設置したいと考えていました。


また夫婦二人とも昼間は働いているので、発電した分をほとんど売電することができて良いと思っていたことも導入しようと思ったきっかけになっています。

もう一つ重要な点として、自然エネルギーの普及によって、原発がなくてもよい社会になればという気持ちもありました。
東日本大震災後に寒い中で計画停電を何度も経験し、近辺で放射能のホットスポットがあったこともあり、環境のことをすごく意識するようになりました。
これまで乗っていた大きめの自動車も、環境のことを考えて軽自動車に乗り換えたくらいです。

単に元をとるということだけでなく、その先にある「自然エネルギーの普及」を考えて、太陽光発電を導入することにしました。

Q.今回設置したメーカーに決めた理由を教えてください。

A.知り合いが京セラの太陽光発電を取り扱っていたので、初めはそこから買うつもりでした。


ところが京セラだと2.4kWしか設置できないと言われてしまいました。
そこでパソコンで探していたらソーラーパートナーズのホームページを見つけて相談してみました。

自分では屋根面積が広いと思っていたので発電効率の低いソーラーフロンティアで良いと思っていたのですが、ソーラーパートナーズからは発電量を確保するために東芝かパナソニックを勧められました。
結局、東芝なら3.6kW設置できることがわかったので、東芝を選びました。

Q.ソーラーパートナーズから導入した最終的な決め手はなんですか?

A.初めは知り合いから買うつもりでしたが、2.4kWしか設置できないと言われてしまったので、他を探すことにしました。

ソーラーパートナーズのホームページにはいろいろなメーカーの特徴が載っていたので、中立的な立場でメーカーを選べると思いました。
しかも、屋根の状況によってどのようにメーカーを選べば良いかも書いてあり、とても参考になりました。
ソーラーパートナーズのホームページでかなり詳しく調べたので、太陽光発電の業者になれるんじゃないかって思っているくらいです(笑)。
実際にソーラーパートナーズに問い合わせてみると、とても早く対応してもらえました。結局、他社と天秤にかけることなく、ソーラーパートナーズから導入することにしました。

Q.太陽光発電を導入してみた感想をお聞かせください。

A.水道光熱費を太陽光発電の売電で賄えるようになって喜んでいます。月平均で15,000円前後の売電ができているので、水道代や電気代だけでなく、電話代やテレビ代の分まで賄えている月もあります。


節電意識が高まったことも良かったですね。無駄なコンセントを抜くというところまではやっていませんが、無駄な電気を使わなくなりました。そう言いながら、うっかりコタツで寝てしまうこともありますけどね(笑)。

Q.現在太陽光発電の設置を検討されている方へアドバイスをお願いします。

A.よく「太陽光発電って元がとれるの?」と質問されますが、単に元をとることだけでなく、自然エネルギーの普及というもっと大事なことを考えた方が良いと思います。

また、節電っていうと苦しんでやっているイメージがあるようですが、私達は毎日モニターを見て「今日はどれくらい発電したんだろう」と楽しみながらチェックしています。
太陽光発電は、楽しみながら自然エネルギーの普及に役立てるとても良いものだと思います。
ソーラーパートナーズのホームページで自分の家に合ったメーカーや載せ方を調べて、導入すると良いと思います。

次のページ

関連記事
太陽光発電導入までの流れ

前のページ

関連記事
おまけその2 アフターメンテナンスは必要か?

もくじに戻る

関連記事
はじめに