ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

「9年で回収できる」といわれたのに、どう見ても収支はマイナス!

「9年で回収できる」といわれたのに、どう見ても収支はマイナス!

投資メリット金額を、営業マンではなく、自分で計算する方法


「設置してから1年間の発電量を記録して確認してみたが、販売会社から提示されていた発電量シミュレーションの約半分しか発電していない。これは故障でしょうか?」

この方は、なにかおかしいと感じてから、何度もその販売会社に連絡をしていたそうです。
ところがとうとう、その会社に電話がつながらなくなったため、インターネットでたまたま見つけた当社にご相談を頂きました。

kW数や方角等を伺った感じですと、現在の発電量はシステム故障によるものではないようです。
つまり、提示していた発電量シミュレーションで誇張した発電量予測を伝えていたことが原因です。

必ず自分で投資メリット金額を把握する

太陽光発電システムの投資メリット金額は、普通の電卓があれば十分計算できます。投資商品でもあるので、購入金額だけでなく、投資メリット金額がどれくらいかを把握しておくことは重要です。
なぜならこの投資メリット金額によって、どれくらいの期間で購入金額を回収できるかが決まるからです。

メーカーは、販売会社が勝手に伝えた発電量予測の補償などはしてくれません。
自分で自分を守るためにも、ざっくりとでも投資メリット金額の計算方法を知っておきましょう。

投資メリット金額の計算方法

太陽光発電システムの投資メリット金額は図にある通り、

  • 売電収入金額
  • 電気代削減金額

の2つを足したものです。

売電収入

売電収入とは、太陽光発電システムで発電した電気のうち、使用しきれずに余った電気を電力会社に売ることで得られる収入のことです。

平成31年度に太陽光発電システムを設置した場合、売電単価は1kWhあたり24円で10年間同じ価格で売電することができます。
(※東京・中部・関西電力以外は1kWhあたり26円で10年間固定))

ただ、売電価格は年々下がっています。
次に売電価格が変更になるタイミングは、2020年4月なので、既に設置できる環境があるならば、早めに検討を始めることをお勧めします。

予測発電量とは、太陽光発電システムがどれくらい発電するのかを予測したものです。
簡易的には、少なめではありますが設置容量1kWあたり年間1,000kWhとすることができます。厳密な予測発電量の計算方法は後で述べますが、ざっくりの投資メリットを計算するうえではこれで十分です。
屋根が東西を向いている場合は、南向きに対して85%程度しか発電しません。
東西向きの場合は1kWあたり年間850kWhをめやすにするとよいでしょう。

設置容量は、自宅の平面図と立面図をもとに、パネルが何枚載るのかを販売店に見積ってもらいます。
住宅用太陽光発電システムの平成31年度の全国的な平均設置容量は5.00kWですが、日本の家の屋根の形や大きさは非常に様々ですので、平均設置容量はあまり参考にはなりません。

設置容量が少ないとそもそも投資メリット金額が極端に少なくなり、いろいろ検討してもせっかくの情報収集が無駄になってしまうこともあります

大抵の見積りは無料でとることができますので、情報収集の段階であっても、信頼できる会社から一度見積りをとっておくことをおすすめします。

電気代削減金額

電気代削減金額とは、太陽光発電システムで発電した電気を自宅で使用することで、今まで電力会社から購入していた電気代を削減できる効果です。
太陽光発電システムは日中しか発電しないので、削減できるのは日中使用した電気の分だけです。
一般的に子供2人の4人家族の場合、全体の電気使用量のだいたい20%を日中に使用しています。
つまり、
自家消費量=全体の電気使用量(一年分)×日中電気使用割合 となります。
日中の電気使用割合は家族の生活パターンによって変わるので、注意してください。

全体の電気使用量は、毎月電力会社から送られてくる『電気ご使用量のお知らせ』に書いてあります。
また買電単価は電力会社との契約プランによって変わりますが、
買電単価=請求金額(一年分)÷ご使用量(一年分) で求められる、一年の平均買電単価を元に計算すれば十分です。

購入金額の回収年数と回収後の収入

投資メリットがわかれば、購入金額をどれくらいで回収できるのかが分かります。
回収年数は、購入金額が小さく投資メリットが大きいほど短くなります。
そして回収後は、故障して全く発電できなくなるまで、毎月収入を生み出してくれます。

太陽光発電システムの購入金額は、一般的に12~15年程度で回収できます。 好条件で導入した場合には、10年以内に回収できることも決して珍しくありません。

トラブル回避のポイント!!

太陽光発電の導入時シミュレーション

お住まいの地域、ご自宅の屋根の大きさ、生活習慣によって多少の差はありますが、適切な条件で太陽光発電を導入すれば、早期の投資金額の回収が可能です。良い条件で購入できた場合には、10年で投資回収できるケースもあります。

ソーラーパートナーズののサイトの中でもシミュレーションをすることができますので、ぜひお試しください。

次のページ

関連記事
激安の会社と契約したら、急に連絡がとれなくなった

前のページ

関連記事
実はとんでもなく高値で買わされていた!

もくじに戻る

関連記事
はじめに