ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

ARコート(ARコーティング)

ARコートとは、太陽電池モジュールの表面ガラスに使用される加工方法の一つ。
ARとはAnti-Reflectingの略で、反射防止の意味がある。
ARコーティングが施されたガラスを、低反射ガラスという事もある。

光の反射や映り込みを防止する技術で、液晶パネルの表面やショーウインドウ、光学レンズなどの光の反射を防ぎたい場合に利用される。

太陽光発電では、太陽電池モジュールの表面ガラスに使用し、太陽光線の反射率を下げることで、通常のガラスに比べて変換効率を高めることができる。

反射率は太陽光線の入射角度が低い時に最も大きくなるため、日の出や日没時の発電効率の改善に特に大きく貢献する。