ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

GENESIS計画

GENESIS(ジェネシス)計画とは、世界の砂漠地帯に大規模な太陽光発電システムを設置し、各砂漠の太陽光発電システムを超電導ケーブルで世界の都市と結ぶ計画のこと。昼の地域から夜の地域へ、晴れの地域から曇り・雨の地域へエネルギーを送りこむことによって、全世界のエネルギーを賄うことができるという壮大な計画。1989年オーストラリアで開催された国際会議の場で、太陽光発電技術研究組合の桑野幸徳理事長が提唱した。
既に存在している変換効率10%の太陽電池を用いた場合、全砂漠面積の約4%に太陽電池を設置することで、全世界のエネルギー消費を賄うことができると試算されている。このGENESIS(ジェネシス)計画を50年かけて実現すると仮定した場合、年間200兆円(世界のGDPの4%)をかけることで実現可能。

\ あなたが検討しているのはどっち? /
あなたが検討しているのはどっち?