ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

昇圧回路付接続箱

昇圧回路付接続箱とは、標準回路に加えて、昇圧回路が設けられた接続箱のこと。
太陽光発電システムでは、全ての太陽電池モジュールを一つにつなぐのではなく、何枚かの太陽電池モジュールを1回路として接続することが一般的である。その際に、各回路が同じ枚数になるように接続できれば標準の接続箱を利用できるが、他の回路と比較して少ない枚数の回路がある場合、電圧をそろえるためにその回路に対して昇圧を行う必要がある。昇圧を行う場合には、昇圧回路付接続箱を使用することとなる。
昇圧回路付接続箱にすると、標準の接続箱に比べて費用が高くなる、昇圧によるロスが発生するなどのデメリットがある反面、屋根面積に応じた柔軟な枚数の設置ができるというメリットがある。