ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

寄棟

寄棟とは、屋根形状の一つで、4方向に傾斜する三角形や台形の屋根面をもつ屋根のこと。
台形の屋根面を平面(ひらめん)、三角形の屋根面を小平面(こひらめん)という。日本では切妻に次いで多く見られる一般的な屋根形状。
寄棟に太陽電池モジュールを設置する場合は、三角形や台形の屋根面に合わせて太陽電池モジュールを配置する必要があるため、一般的な長方形のモジュールしかないメーカーよりも、三角形や台形のモジュールを組み合わせて配置できるメーカー(シャープ、三菱電機等)や、小ぶりなタイプのモジュールを提供しているメーカー(京セラ等)の方が、屋根面に効率良く配置することができる。