太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽光のエネルギーを太陽電池を利用して電力に変換する発電方式のことです。太陽電池とは、光エネルギーを直接電力に変換する電力機器です。「電池」というと、電力を蓄えておくことができる印象がありますが、太陽電池は受けた光をすぐに電力に変換して出力するため、電力を蓄えておくことはできません。電気を蓄えるには、蓄電池が別途必要となります。太陽光発電によって発電した電力は、家庭用の電力として使用することもできますし、家庭で使用する以上の電力が発電された場合には、電力会社に売ることもできます。

太陽光発電が注目されている背景

太陽光発電は、CO2排出量ゼロのクリーンなエネルギーとして注目を集めていましたが、 2011年の震災以降、電力不足の対応策としても注目されています。
特に最近太陽光発電が注目されている理由は、大きく次の4つです。

震災以降の節電意識の高まり

2011年3月11日の東日本大震災の影響で起きた、原子力発電の運転縮小に伴う電力不足により、国民の節電への意識が高まっています。電気の供給を電力会社のみに依存せず、かついざというときの備えにもなる自家発電装置の選択肢として、太陽光発電に関心が寄せられています。

太陽光発電を推進する政策の強化

京都議定書で定めた温室効果ガスの削減目標を達成するために、政府はさまざまな取り組みを行っています。その中でも、温室効果ガスの削減に効果のある太陽光発電を広めるために、2009年11月に太陽光発電の売電価格を2倍に増やしたり、太陽光発電を導入する家庭に補助金を支給するなど、太陽光発電を推進する政策が強化されてきています。

太陽光発電に対する投資効果の向上

太陽光発電は、以前は製品寿命の20年では投資回収できないと言われていましたが、現在では、売電価格の増額や補助金の支給などに加えて、太陽光発電システム価格の低下や発電能力の向上によって、太陽光発電に対する投資は10年~15年で回収できるようになってきています。電力買取制度に力を入れているドイツでは、銀行の利子や国債によるリターンよりも、太陽光発電を導入した方が投資効果が大きいという認識が国民にも広がり、急速に太陽光発電が普及しています。

エネルギー収支の改善

これまで、太陽光発電システムを製造するためには、太陽光発電システムで生み出されるエネルギーよりも大きなエネルギーが必要だったため、かえって環境に悪いと言われていました。しかし最近では、製造の効率化や発電能力の改善が進んできたため、太陽光発電システムを製造するために必要なエネルギーは2年程度で回収できるようになりました。その結果、太陽光発電の環境改善効果が改めて見直されるようになってきています。

ホームに関連する記事

ホームに関連するQ&A

人気記事ランキング


見積り依頼はこちら

わずか1分!しかも無料見積り依頼
郵便番号と設置場所を選ぶだけ!

1分で入力完了!見積り依頼 (無料)

ステップ1 郵便番号を入力してください必須

※郵便番号がわからない場合はこちら

ステップ2 希望商材を選んでください必須

見積もり依頼で相場価格表プレゼント!