ソーラーパートナーズ独自の取組

エコキュートの電気代を節約するためのたった1つのポイント

エコキュートを深夜以外に稼働させないのが一番お得

エコキュートは電気代の安い深夜の時間帯に稼働させることで光熱費が安くなる機器です。

エコキュートを設置しているお宅はこのメリットを最大化するために、深夜時間帯に電気代が割安になるオール電化住宅向けの電力プランに加入しているはずです。

オール電化向けの電力プランの場合、深夜帯の電気代が格段に安い代わりに昼間の電気代は割高に設定されています。

つまり、エコキュートの電気代を節約するたった一つの方法は、深夜以外はエコキュートを稼働させないこと。
単純明快ですが、これだけです。

深夜以外に稼働させないためにはエコキュートをお湯切れさせないこと

深夜以外に稼働させないということは、すなわち『お湯切れ』が起きないよう細心の注意を払えば大丈夫です。
エコキュートのお湯切れの仕組みと対策はこちらをご覧ください。

関連記事
エコキュートがお湯切れした場合どうすべき?お湯切れの対策は?

エコキュートは深夜から早朝にかけてその日1日分のお湯を沸かしてタンクにためます。
電気代を節約するためには、エコキュートでお湯を沸かすのは深夜に沸かすだけにするのが、最大にして最強の節約方法です。

しかし、事前にお湯の使用量を読み切れていないと、日中にお湯切れして再度湧き増しをすることになります。

こうなってしまうと昼間の割高の電気でエコキュートを稼働させることになり、電気代が多くかかってしまうのです。

親戚が泊まりに来るとき等、急な来客は要注意

昼間の湧き増しで無駄な電気代が発生しないよう、常に普段消費している湯量を把握しておくようにし、お湯切れが起きないように先手を打つことが大切です。

例えば、エコキュートには日頃のお湯の消費量から次の日沸かす湯量を調節する学習機能がついていますが、突然の来客などで突発的に湯量が増える場合には対応できません。

初期設定のおまかせモードのままにしていると、日中にお湯切れが起きて高い電気代で湧き増しをしてしまうことになります。
こういう場合には事前に湯量の増加を想定して、前夜に多めに沸かすように設定を変えておくことが大切です。

一番節約できるのはエコキュートの『深夜のみ稼働』モード

日中にはお湯を沸かさないと決めた方は、深夜のみ稼働するモードに変更するのが大変有効です。

エコキュートを『深夜のみ稼働』モードにすると、日中にお湯切れが起きそうになっても、昼間の時間帯には湧き増しをしないようになります。

節約には最適なのですが、事前に必要な湯量を読み切れていない場合にはお湯切れをするリスクもありますので、上級者向けと言えるかもしれません。

しかし、毎日の湯量を意識していれば早い段階でご自宅に最適な設定のパターンや、お湯の使い方を調節するようになります。
エコキュートがフル活用できるようになります。

臨機応変に設定を切り替えてエコキュートを上手に使いこなしましょう。