太陽光発電導入の際の判断基準に大きく影響するのはまずは価格です。
投資効果を大きくするためには初期費用をできるだけ抑えることが重要となります。

しかしその価格を安くするために会社の利益を必要以上に削っていては、会社自体の存続が危うくなってしまいます。

ソーラーパートナーズが太陽光発電を自信を持って良心価格で提供できるのには理由があります。
安いワケのグラフ

中間業者を通さないので余計なマージンがありません!

太陽光発電システムの流通経路は長くて複雑です。
太陽光発電を購入するときに契約を直接結ぶのは販売会社ですが、工事は下請けに任せることがよくあります。
しかも、工事会社も屋根工事の会社と電気工事の会社が分かれていることが多く、それぞれにマージンが発生するため、余計な費用がかかってしまうことになります。

ソーラーパートナーズのパートナー企業は、 販売・工事・アフターサービスを自社で行える会社ばかりなので、余計な中間マージンが発生しません。
そのため、ソーラーパートナーズパートナー企業から購入することで、お得な価格で太陽光発電システムを導入することができるのです。

インターネットで営業活動を行っているので経費を削減できます!

太陽光発電の販売は訪問販売が基本です。
訪問販売の営業マンは、太陽光発電を導入してくれそうな一軒家をねらって、一日に何十軒もチャイムを押してまわります。
しかし、訪問先の人は太陽光発電についての知識はほとんどないでしょう。
そういう方々に太陽光発電のことを一から説明し、メリットを伝え、200万円を超える商品を購入するための契約書にサインをしてもらうことは、相当労力のいることです。

また、訪問販売の営業マンの給料は歩合制をとっていることが多く、売上高の何割かが給料となるので、できるだけ高く売りつけようとする傾向があります。
そのため訪問販売の価格はどうしても割高になってしまうのです。

ソーラーパートナーズはインターネットで営業活動を行っています。
正確で有益な情報を提供することで、お客様に知っていただき、納得して購入していただいています。
効率的に営業活動を行うことができるので営業経費を削減でき、その分価格を安くすることができるのです。

共同購買で仕入れが安い!

太陽光発電の販売会社1社だけでは販売実績がそれほど大きくないため、メーカーや商社に対して強い仕入交渉力をもつことはなかなかできません。

しかも、メーカーと直接取引できる販売会社はそれほど多くはなく、一次卸しや二次卸し、さらには三次卸しまで通ってから太陽光パネルなどの部材を仕入れています。
そのため仕入価格が高くなってしまい、その結果販売価格も高くならざるをえないことがよくあります。

太陽光発電の価格は仕入れ価格が販売価格の7割程度を占めるため、仕入れ価格が高いとそれだけ販売価格も高くなってしまうのです。

ソーラーパートナーズは全国の太陽光発電工事会社とネットワークを構築していますので、1社だけでは販売実績が少なくても、ネットワークとしての実績を合計すると相当量の販売実績となります。
その販売実績をもとに仕入交渉を行うため、圧倒的に仕入れ価格を安くすることができ、それを販売価格に反映させることができるのです。

以上の3点から、ソーラーパートナーズに相談・見積もりいただいたみなさんは、他社と比べて安く太陽光発電を導入することができるのです。