ソーラーパートナーズ

ソーラーパートナーズ独自の取組

今年度の太陽光発電の国の補助金額はいくらか?そしてなぜこの金額なのか?

今年度の太陽光発電の国の補助金額はいくらか?そしてなぜこの金額なのか?

この質問の回答と解説は、新しくソーラーアドバイザー候補で採用した新入社員が、ソーラーパートナーズオリジナルの研修テストで『へーっ!』と驚いた質問&解説ランキング第3位にランクインしています。

この回答と解説の中で、新入社員は2回驚いていました。

1.今年度の国の太陽光発電の補助金額は0円!

「えっ!?0円なんですか!?補助金無くなっちゃったんですか!?」
という驚きとともに、
「じゃあ今年度に太陽光発電システムを検討している人は、以前設置した人に比べて、かわいそうですね」
という感想を言っていました。

そしてこの感想が2つ目の驚きにつながります。

2.今年度は「補助金がないからかわいそう」というわけではない

解説をする前に、いままでの国の補助金がどれくらい出ていたかを見てみましょう。

  • 平成25年度(2013年度)1kWあたり20,000円
  • 平成24年度(2012年度)1kWあたり35,000円
  • 平成23年度(2011年度)1kWあたり48,000円
  • 平成22年度(2010年度)1kWあたり70,000円

平成22年度(2010年度)なんて1kWあたり7万円も出ていたのです。
日本の平均的な住宅の設置容量4kWで換算すると28万円です。

ではたくさん補助金が出ていた平成22年度が一番良かったのかと言うと、じつはそうでもありません。

平成22年度の5kWの相場価格は58万円/kW(税込)くらいでした。
そして今年度の5kWの相場価格は39万円/kW(税込)くらいです。

平成22年度と平成26年度の自己負担額の差
年度kW数相場価格
(kWあたり)
補助金額
(kWあたり)
自己負担額
平成22年度5kW58万円7万円255万円
今年度5kW39万円0円195万円

これを見ると自己負担額では圧倒的に今の方が安くなっています。

ただ補助金と同じように売電価格も下がってきていますのでその部分も考えなければなりません。

2010年度の売電価格は48円、今年度の売電価格は33円(東電・中電・関電以外のエリアは35円)です。
およそ月の電気代が10,000円くらいの家庭でそのうち日中で3割くらい消費しているご家庭ですと、年間の売電量は3,700kWhくらいだと思います。

平成22年度と今年度の売電収入の差
年度売電価格売電量売電収入
平成22年度48円3,700kWh177,600円
今年度33円3,700kWh122,100円

177,600円-122,100円=55,500円ですので売電期間の10年間で555,000円の差が出ます。
ですのでこの分は平成22年度の方がお得という事になります。

そうなると今年度と平成22年度、どっちがお得なのかという答えはこのケースですと約5,000円分くらい今年度の方がお得という事になります。

これは、国がしっかりとシステム価格の低下を見ながら、補助金額と売電単価を調整していった結果です。
今年は補助金が無いから損なのではなく、補助金がいらない程システム価格が国の思惑通りに下がったので、とても買い時になったという事なのです。
新入社員はこの解説を聴いて、
「経緯を説明されたから納得できるけど、普通の人は補助金が無くなったと聞いて、ただがっかりするだけなんでしょうね」
といっていました。

ちなみに平成22年度は固定価格買取制度の初年度ですので、制度開始の際の見込みのズレがあっても仕方がないと思います。
そのズレが5千円というのはかなり制度設計としてしっかりされているのだなぁと感心します。

このお話を聞かれると、
「来年度の方がもっとお得なのでは?」
と考える方もいらっしゃると思います。

ところがそれは全く起きそうもありません。
理由は3つあります。

1.国の補助金廃止に伴う相場価格の上昇
国の補助金が無くなった事により上限価格という縛りが無くなってしまったため、数年前のようにかなりの高額で販売する訪問販売会社が戻ってきてしまって相場価格を押し上げ出しています。
2.円安の影響
中国メーカーだけではなく、海外で生産している国内メーカーがほとんどとなっており、結果円安の影響を受け太陽光パネルの価格低下の妨げとなっております。
3.売電価格の低下
上の2つのような状況を踏まえた上で、それでも売電価格は来年度は下がるという事です。

結果、今年度が一番買うのにお得な時だったと、後からわかる年なのではないかと思っています。

プレゼント!

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザー中村雄介からひとこと

ランキング表とは言いながら、相撲好きの私が作ったものですので、実際の名称は「太陽光発電メーカー番付表」となっています。
各メーカーのパネルは大きさや最大出力、温度損失率やパワコン損失率が違いますので比較が難しくなっています。
ホームページ上で公開するとメーカーさんに怒られそうなのでお出ししていませんが、同じ大きさの屋根にそれぞれのメーカーのパネルを目いっぱい敷き詰めた場合に年間の予測発電量にどのくらいの差が出るのかを計算し、ランキングにしたものです。

太陽光発電メーカー番付表

プレゼントの流れ

  1. 下記のワンクリック「する」ボタンを押して頂きます。
  2. 以前ご登録頂いております連絡先に弊社ソーラーアドバイザーより連絡させて頂きます。
  3. 検討状況をお伺いさせて頂き、認定企業をご紹介させて頂きます。
  4. ご紹介の手続きがとれました後に、ランキング表のご案内のメールをお送り致します。

大変申し訳ありませんが、見積依頼をして頂き実際に認定企業のご紹介となった方のみへのプレゼントとさせて頂きます。

見積り依頼のご確認

下の「する」ボタンを一回押すだけで見積りご依頼が完了します
(お客様の個人情報の入力など不要で見積り依頼が確定します。)

太陽光発電の見積り依頼をしますか??
          しない

当社ソーラーアドバイザーよりお電話にて連絡の上で、工事会社による現地調査後のお見積りとなります。